肌をしっかり保湿することが乾燥肌のニキビ対策

肌をしっかり保湿することが乾燥肌のニキビ対策

ニキビ、というと、どうしても脂っぽい肌の人に出来やすいもの、というイメージが強いと思います。

 

確かに、ニキビの出来る原因を考えると、決してそのイメージは間違っていないのですが、脂っぽい肌のひとだけでなく、逆に、テカリなどどは無縁、というような乾燥肌の人でも、ニキビが出来てしまって悩んでいる人は意外と多いものです。
ニキビがなぜ出来るかというと、簡単に言えば「毛穴が詰まって炎症を起こすから」です。皮脂から過剰に出た脂などで毛穴が詰まってしまい、そこから炎症を起こしてしまったものが「ニキビ」と呼ばれているものです。

 

ですから、脂っぽい肌の人や、皮脂の分泌のバランスが安定しない思春期、ちょうど高校生くらいの年齢の人は、ニキビが出来やすいのです。

 

では、なぜ乾燥肌の人もニキビが出来るのか、と思われる方も多いでしょう。

 

それは、体が肌の乾燥を察知すると、それを自分でなんとか解消しようとして、頑張って皮脂を出して肌を保護しようとするからです。体の防護作用がかえって裏目に出てしまう、という感じでしょうか。肌がかさついて困っているのにニキビも出来てしまう、という、悪循環に陥ってしまうのです。

 

ニキビ予防は「保湿」がカギ

 

では、乾燥からくるニキビへに対策としては、どのような事をするべきなのでしょうか。
それは、とにかく「肌をしっかり保湿する」という事です。

 

肌の乾燥を補うために余分な皮脂が分泌されるのですから、乾燥しないよう、水分をしっかり補充して、クリームや美容液でしっかりフタをして水分が逃げないようにする事が、乾燥肌の方のニキビ対策には効果的です。

 

これは、乾燥肌の人だけでなく、脂っぽい肌で悩んでいる人にも有効です。しっかり洗顔して余計な皮脂を落とした後、適切な保湿を心掛ければ、皮脂の分泌量も落ち着いて、肌も落ち着いて来るのです。
他にも、ニキビが出来ている時には油分の多い食品を避ける、といったことも、過剰な皮脂分泌を抑えるために心掛けたいところです。

 

メルラインは保湿でニキビを治す今までにないニキビケア製品です。ぜひお試しください。