生理前にできやすくなる大人ニキビの適切な対策

生理前にできやすくなる大人ニキビの適切な対策

体の仕組み上、生理前に体調を崩したり便秘や下痢が起きたりする女性は多いです。

 

中でも多くの女性が悩みを抱えているのが生理前にできやすくなる大人ニキビでしょう。

 

生理前は男性ホルモンに似ている黄体ホルモンが分泌されて体内のホルモンバランスが変わるため、皮脂の分泌が増える上に肌が過敏な状態になっていていつもよりも炎症や肌トラブルを起こしやすい状態になっています。生理前のニキビは顎に一番できやすいという統計もあるのですが、これは顎には毛穴が他の部分よりも多く集まっているためその分皮脂が詰まりやすいためです。

 

過剰な皮脂や肌の汚れが原因のニキビと同じケアでは根本的な対策には繋がらず、同じ悩みを生理周期毎に繰り返すことになってしまいます。原因を正しく理解し、適切な対策を行いましょう。

 

そもそもニキビを作らせない

 

体の中からケアをすることがとても重要です。ビタミン剤などを積極的にとるのもいいですし、漢方も効果が認められています。ストレスは出来るだけ溜め込まないようにし、悩み事は急を要するもの以外はとりあえず考えないようにしましょう。

 

洗顔料をこの時期だけはいつもより洗浄力の強いものにしたり、スキンケアもいつもより保湿を心掛けるようにすると効果的です。化粧水のパッティングをいつもの倍行うくらい、保湿は大切です。

 

また産婦人科で処方してもらえる低用量ピルを服用すると生理痛の改善の他に女性ホルモンの作用で生理前ニキビができなくなる事もあります。

 

揚げ物やチョコレートなどもこの時期だけは我慢しておくのがいいです。

 

ニキビができてしまったら

 

必要以上に気に病まないようにしましょう。膿をもっている場合は潰して痕を残してしまわないように洗顔などの際は気をつけます。

 

スキンケアの際は油分の多い乳液やクリームは使用を控えます。メイクはベースメイクが厚塗りにならないようにして、帰宅したらすぐにクレンジングでオフしましょう。クレンジングもオイルタイプではなくクリームやジェルなどが望ましいです。